女性 特有の 足のむくみ を知っておこう記事一覧

産後 はどうして 足がむくみ が出てくるのか!?

 

 

足むくみ は体内の水分バランスがよくない時に起きる症状です。妊娠されている方はお腹にいる胎児に血液を送るため、妊娠前と比較し、血液量が約1.5倍に増加します。

 

出産をする羊水や出血など一度に水分が排出してしまうので、体内のバランスが崩れてしまいます。そして体は必要以上に水分を補おうとするため、それがむくみを発生させてしまう原因となります。

 

また、産後は赤ちゃんに授乳するという新たな行為も出てきます。授乳は意外に水分を奪われてしまい、奪われた分体が水分を補充しようと溜め込みます。
さらに授乳中は足を下に向ける時間が増えるので、重力の影響で水分は足へ溜まりやすくなります。

 

その他にも産後に足がむくむ原因として、産後の疲れや睡眠不足も原因の一つといえるでしょう。つまり産後は足がむくみやすくなる条件が揃っている状態だといえます。

 

しかし、むくむからと言って水分を控えてしまいます。こまめに水分を補給するなどして調整をかけてしまうことが大切だといえるでしょう。

 

足のむくみ は 帝王切開 が原因で起こることがあるの!?

 

足のむくみ は 帝王切開 で出産すると出てくるっていわれています。

 

帝王切開で出産をすると、左右で足の太さが違って見える、太ももの付け根からふくらはぎがパンパンになってしまった、足が象みたいに腫れ上がってしまったという状態になったとよく聞きます。

 

生理中 の 足むくみ はどうしておこるの?

 

足のむくみ が 生理中 や生理前によく起こるという方がいます。これは女性特有のホルモンが関係していきます。
女性ホルモンは主に2種類あり、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが1ヶ月間一定のリズムで分泌されています。

 

ホルモンの変動は出産するためにとても大切ではありますが、この変動が様々な症状を生み出し、時に酷く悩まされる方もいます。

 

生理期間は憂鬱でテンションが上がらないという方がいますが、女性が子孫を残すため大切な体の機能ですので、自分のことをよく知り、上手に付き合えるようにしましょう。

 

足のむくみ はなぜ妊娠すると起こりやすいか!?

 

足のむくみに限らず妊娠中はほとんどの方がむくみのトラブルを経験するといわれています。

 

手足のむくみは日頃の日常生活にも影響出てくる可能性もあり、妊娠される方にとっては冷えと足のむくみ等は注意しなければならないトラブルです。

 

むくみの原因をしっかりと把握し、解消できるよう対策を考えていきましょう。